坂口安吾デジタルミュージアム

HOME

新潟でのイベント

■自筆原稿から読みとく―「火」、「信長」の原稿―

2019年4月6日(土)〜7月21日(日)

作家は一つの作品を仕上げるにあたって、まず構想を練り、筋を組み立て書き始めますが、 その途中であっても練り直しや修正を行うこともあります。書き上げた原稿を何度も推敲し、 時に初めから書き直したりもします。

活字になり発表された原稿を「定稿」といいますが、それまでには反故にされた、いわば発表 されない「未定稿」が数多く存在します。

このたびは「火 第一章」(1950 年)と、1952 年から翌年にかけて新聞『新大阪』に連載 されて好評を博した「信長」の原稿を紹介します。それぞれの作品ではまずノートを作成し、 それをもとに執筆しています。

展覧会では、ノート、未定稿と、発表された定稿を比較対照させて、作家の思索や制作の 過程をご覧頂きます。また自筆原稿をみるおもしろさも感得していただだければと思います。

◇おもな展示作品

  • ■坂口安吾 「火」制作ノート 19冊
  • ■坂口安吾 「火」修正原稿 等
  • ■坂口安吾 「信長」年譜ノート 1冊
  • ■坂口安吾 「信長」構想メモ
  • ■坂口安吾 「信長」未定稿
  • ■『新潮』 第46 巻 第3号、5号、6号、7号 1949年
      新潟市立中央図書館 所蔵
  • ■『群像』 第4巻 第11 号、12号 1949年 第5巻 第1号 1950年
      新潟市立中央図書館 所蔵
  • ■坂口安吾 『火 第一章』 1950年 大日本雄弁会講談社
  • ■坂口安吾 『信長』 1953年 筑摩書房 ほか

和室 写真展示

  • 坂口安吾 自筆原稿 (複製)

■期間

2019年4月6日(土)〜7月21日(日)

■観覧

無料

■開館時間

10:00〜16:00

■休館日

4/8,9,15,16,22 〜 25、5/7,8,13,14,20,21,27,28

6/3,4,10,11,17,18,24,25、7/1,2,8,9,16,17

■会場

旧市長公舎 安吾風の館

■住所

〒951-8104 新潟市中央区西大畑町5927番地9

■電話

TEL & FAX 025-222-3062

ちらしイメージ

ちらしイメージ