書誌

書誌名 日本の名随筆 別巻15「色街」
著者 (加太こうじ編)
発行年月日 1992年5月25日
出版社 作品社
体裁 B6判 地券紙装 カバー スリーブ函 菊地信義装幀 岡部一彦口絵 本くに子装画
頁数 251p
坂口安吾作品
その他収録作品 里の今昔(永井荷風) 雑魚寝 逢状(吉井勇) 吉原一夕話(抄)(三田村鳶魚) カワラナデシコの章(抄)(田中澄江) 柳橋の女(円地文子) おかる(内田百閒) 引手茶屋の跡取りとして(福田利子) 滝田ゆうと玉の井と(吉行淳之介) ぬけられます"をぬけられないで……(滝田ゆう) 吉原百人斬り(正岡容) 男と女のかけひき(三遊亭圓生) 花柳落穂籠(雷門助六) 居残り佐平治サン(永六輔) 幻の橋本遊廓を行く(村松友視) 五彩玻璃丸山絵巻(松菊散史) 消えたオチヨロ船(井伏鱒二) コーランプルの一夜(金子光晴) 女の戦後史・パンパン(小沢信男) 夏すがた鳩の町(杉森久英) 田園ハレム(坂口安吾) 硝子の中の女(森田たま) 汝は暗し……(梅田晴夫) 赤線の街のニンフたち(五木寛之) 『星の流れに』女たち(加太こうじ)"
備考 あとがきにかえて「東京の色街」(加太こうじ) 執筆者紹介・色街ブックガイド
Secured By miniOrange