書誌

書誌名 坂口安吾評論全集3「社会風俗篇」
著者 坂口安吾
発行年月日 1972年3月15日
出版社 冬樹社
体裁 四六判上製 カバー 函 帯 栃折久美子装幀 本文二段組
頁数 328p
坂口安吾作品
その他収録作品 風俗時評 貞操の幅と限界 ちかごろの酒の話 パンパンガール 詐欺の性格 男女の交際について ヤミ論語 モン・アサクサ 帝銀事件を論ず 集団見合 切捨御免 戦争論 インテリの感傷 碁にも名人戦つくれ 神経衰弱的野球美学論 深夜は睡るに限ること 戦後新人論 便乗型の暴力 "歌笑"文化 月日の話 新春日本の空を飛ぶ 戦後合格者 人生三つの愉しみ フシギな女 或る選挙風景 チッポケな斧 孤立殺人事件 風流 茶の間はガラあき チャタレイ傍聴記 見事な整理 親が捨てられる世相 もう軍備はいらない 安吾人生案内
備考 〈月報〉昭和二十八年以後の問題(関井光男)
改版は1200円
Secured By miniOrange