書誌

書誌名 占領期雑誌資料大系 文学篇2「表現される戦争と占領」
著者 (山本武利・十重田裕一・川崎賢子・宗像和重編)
発行年月日 2010年1月28日
出版社 岩波書店
体裁 A5判上製
頁数 316p
坂口安吾作品
その他収録作品 文学の諸問題(石川達三・中野重治・河上徹太郎・中島健蔵・舟橋聖一) 文芸放談(谷崎潤一郎・志賀直哉) 新日本の黎明を語る(新村出・川田順・谷崎潤一郎) 人及び芸術家としての徳田秋声(菊池寛・川端康成ほか) 現代小説を語る座談会(織田作之助・坂口安吾・太宰治・平野謙) A夫人の手紙(谷崎潤一郎) 死の館にて(稲垣足穂) 心の橋(荒木巍) 一時間半のはなし(長与善郎) 戦争と一人の女〔無削除版〕(坂口安吾) 桜はやつぱり日本の誇り(田中英光) トカトントン(太宰治) 五勺の酒(中野重治) この一年間(平林たい子) 日記(昭和二十年)(高見順) 貞操に就いて(菊池寛) ジヤーナリズムと国民の心(河上徹太郎) 浮浪児(林芙美子) 読書傷秋(渡辺一夫) 最後の古典派(亀井勝一郎) 猿芝居(中山義秀) 中国の文化運動(鹿地亘) ハイド氏の裁き(竹山道雄) 日本人でなくなつた日本人(火野葦平) 特攻隊に捧ぐ(坂口安吾) 発育期の記念(本多秋五) 近時消息の一片(長与善郎) 古雑誌から(中野重治)
備考 解説「葛藤する表現と検閲」(十重田裕一) 章解説(アンヌ バヤール坂井・榊原理智・鈴木登美) 検閲とメディアのブラック化(山本武利) 雑誌創刊の辞セレクション② 〈月報〉「占領研究」のパイオニア佃実夫のこと(田村紀雄) 二つの占領下"と"軍政"(川村湊) 占領期における坂口安吾の著作をめぐって(時野谷ゆり)"
Secured By miniOrange