書誌

書誌名 定本坂口安吾全集8
著者 坂口安吾
発行年月日 1969年10月15日
出版社 冬樹社
体裁 A5判上製 函 帯
頁数 609p
坂口安吾作品
その他収録作品 月日の話 新春日本の空を飛ぶ わが工夫せるオジヤ 戦後合格者 人生三つの愉しみ 能筆ジム" 悲しい新風 小林さんと私のツキアイ 安吾人生案内 誠実な実験者・マ元帥 フシギな女 或る選挙風景 負ケラレマセン勝ツマデハ チッポケな斧 「大国主命」 女忍術使い 孤立殺人事件 戦後文章論 歴史探偵方法論 光を覆うものなし 私は地下へもぐらない 風流 安吾行状日記 茶の間はガラあき チャタレイ傍聴記 見事な整理 親が捨てられる世相 世紀の死闘 もう軍備はいらない 明日は天気になれ 文芸時評 「鷹」 近況報告 ゴルフと「悪い仲間」 諦めている子供たち 砂をかむ 豊島さんのこと 育児 世に出るまで 迎合せざる人 「懸賞探偵小説」選評 「読売新聞小説賞」選評 「芥川賞」選後評 『小魚の心』序 『炉辺夜話集』後記 『秋風と母』跋・尾崎士郎氏へ 『白痴』後記 『いづこへ』あとがき 『逃げたい心』序 『吹雪物語』再版に際して 『道鏡』後記 『堕落論』後記 『風博士』後記 『教祖の文学』後記にかえて 『火』作者の言葉"
備考 解説(奥野健男) 作家論(松本清張) 解題(関井光男) 〈月報8〉断片的回想(高橋幸一) ふたりの手紙のことなど(島田昭男) 「風」の安吾(保昌正夫)
Secured By miniOrange