最新情報

お知らせ

2021.09.28

作品解説について(2021年9月末時点)

坂口安吾デジタルミュージアムでは、以下の作品の解説を公開しています。

■001 堕落論
■002 肝臓先生
■003 桜の森の満開の下
■004 文学のふるさと
■005 風博士
■006 我鬼
■007 石の思ひ
■008 散る日本
■009 不連続殺人事件
■010 娯楽奉仕の心構へ
■011 二十七歳
■012 木枯の酒倉から
■013 小さな山羊の記録
■014 梟雄
■015 アンゴウ
■016 長島の死
■017 閑山
■018 三十歳
■019 白痴
■020 枯淡の風格を排す
■021 木々の精、谷の精
■022 呉清源
■023 花妖
■024 村のひと騒ぎ
■025 Pierre Philosophale
■026 夜長姫と耳男
■027 直江山城守
■028 風と光と二十の私と
■029 恋をしに行く
■030 エゴイズム小論

■031 ふるさとに寄する讃歌
■032 犯人
■033 真珠
■034 宿命のCANDIDE
■035 紫大納言
■036 世に出るまで
■037 オモチャ箱
■038 日月様
■039 不良少年とキリスト
■040 青鬼の褌を洗う女
■041 イノチガケ
■042 目立たない人
■043 黒谷村
■044 流浪の追憶
■045 吹雪物語
■046 古都
■047 道鏡
■048 日本文化私観
■049 水鳥亭
■050 孤独閑談
■051 戦争と一人の女
■052 負ケラレマセン勝ツマデハ
■053 万引家族〔明治開化 安吾捕物5〕
■054 私は海をだきしめてゐたい
■055 二十一
■056 勝負師
■057
■058 FARCEに就て
■059 禅僧
■060 暗い青春

■061 保久呂天皇
■062 未来のために
■063 無毛談
■064 信長
■065 織田信長
■066 教祖の文学
■067 逃げたい心
■068 勉強記
■069 外套と青空
■070 飛鳥の幻〔安吾の新日本地理4〕
■071 金銭無情
■072 悲願に就て
■073 握った手
■074 いづこへ
■075 女剣士
■076 東京ジャングル探検〔安吾巷談6〕
■077 総理大臣が貰つた手紙の話
■078 わが思想の息吹
■079 篠笹の陰の顔
■080 桂馬の幻想
■081 淫者山へ乗りこむ
■082 ピエロ伝道者
■083 盗まれた手紙の話
■084 わが精神の周囲
■085
■086 青春論
■087 決闘
■088 勝夢酔〔安吾史譚5〕
■089 母の上京
■090 エリック・サティ(コクトオの訳及び補註)

■091 魔の退屈
■092 フシギな女
■093 狂人遺書
■094 ラムネ氏のこと
■095 波子
■096 ジロリの女
■097 新伊勢物語
■098 戦争論
■099 二流の人
■100 私は誰?
■101 中庸
■102 心霊殺人事件
■103 をみな
■104 大井広介といふ男 -並びに註文ひとつの事-
■105 退歩主義者
■106 傲慢な眼
■107 現代忍術伝
■108 天皇陛下にさゝぐる言葉
■109 家康
■110 幽霊
■111 デカダン文学論
■112 居酒屋の聖人
■113 恋愛論
■114 姦淫に寄す
■115 幽霊それから〔乞食幽霊〕
■116 チッポケな斧
■117 復員殺人事件
■118 青い絨毯
■119 女体
■120 戯作者文学論

■121 南風譜
■122 文芸時評〔1936.9.27~10.2〕
■123 文芸時評〔1942.5.10~5.13〕
■124 小さな部屋
■125
■126 高麗神社の祭の笛〔安吾の新日本地理10〕
■127 落語・教祖列伝
■128 意識と時間との関係
■129 麓〔戯曲〕
■130 餅のタタリ
■131 桐生通信
■132 花火
■133 もう軍備はいらない
■134 出家物語
■135 百万人の文学
■136 帆影
■137 余はベンメイす
■138 わが血を追ふ人々
■139 露の答
■140 作家論について
■141 街はふるさと
■142 愉しい夢の中にて
■143 ぐうたら戦記〔わがだらしなき戦記〕
■144 雨宮紅庵
■145 文字と速力と文学
■146 花咲ける石
■147 スタンダアルの文体
■148 輸血
■149 左近の怒り
■150 伊達政宗の城へ乗込む〔安吾の新日本地理3〕

■151 砂丘の幻
■152 悪妻論
■153 真書太閤記
■154 ヒンセザレバドンス
■155 教祖展覧会〔安吾巷談11〕
■156
■157 ドストエフスキーとバルザック
■158 淪落の青春
■159 志賀直哉に文学の問題はない
■160 お奈良さま
■161 大阪の反逆
■162 投手(ピッチャー)殺人事件
■163 土の中からの話
■164 パンパンガール
■165 血を見る真珠〔明治開化 安吾捕物6〕
■166 文章の一形式
■167 舞踏会殺人事件〔安吾捕物1〕
■168 密室大犯罪〔安吾捕物2〕
■169 魔教の怪〔安吾捕物3〕
■170 ああ無情〔安吾捕物4〕
■171 石の下〔安吾捕物7〕
■172 時計館の秘密〔安吾捕物8〕
■173 覆面屋敷〔安吾捕物9〕
■174 冷笑鬼〔安吾捕物10〕
■175 飛騨・高山の抹殺〔安吾の新日本地理7〕
■176 稲妻は見たり〔安吾捕物11〕
■177 愚妖〔安吾捕物12〕
■178 幻の塔〔安吾捕物13〕
■179 ロッテナム美人術〔安吾捕物14〕
■180 残酷な遊戯

■181 安吾行状日記■182 麻薬・自殺・宗教〔安吾巷談1〕赤罠〔安吾捕物15〕

最新情報一覧に戻る
Secured By miniOrange